多汗症は様々な要因から発症する|ダラダラ溢れる汗を食い止める

病院で行う治療

カウンセリング

多汗症は、体や顔に常時汗をかいてしまう症状のものです。ツボや食事などから改善することはできますが、それでも効果のない人には病院で行う治療を受けることをおすすめします。人によって症状の違いは様々ですが、軽症の人から重症の人もいます。重症の人になると、自分で行う方法では改善が難しくなってしまいます。そのため、病院で手術を行うことが必要になるのです。多汗症に効果のある手術は様々なものがあります。汗をかく部位は人によって様々な箇所があります。手のひらや足の裏、脇、顔、頭部などといった箇所が主な部位になります。全般的な症状に効果的なものがボトックス注射です。ボトックス注射は、とても手軽にできる方法です。発汗を抑えたい部位に注射を打つだけで、症状を改善することができます。施術にかかる時間も15分ほどと非常にスピーディーに行えます。メスなども使用しないため、体を傷つけることなく安全性も高いところがメリットとなっています。施術にかかる費用もとても安いところが人気となっています。病院によって料金には差がありますが、比較的安い料金で施術を行うことができるのです。

多汗症の治療には部位ごとで行う施術もたくさんあります。手のひらの症状を改善する治療には、ETSという方法が一般的となっています。この治療法は、汗の分泌を促す交感神経というものを切断する手術になります。汗をかくメカニズムは、この交感神経が反応することによって発生します。多汗症の人は、交感神経の働きが活発になっていることで大量の汗をかいてしまうのです。そのため交感神経を切断することで、汗の分泌を抑えることができるのです。主に脇の下あたりに小さな穴をあけて、内視鏡という器具を体内に入れていきます。内視鏡で内部の様子を確認しながら、交感神経を切断していきます。この治療法は、比較的簡単なものなので時間もあまりかからないところが特徴となっています。施術にかかる時間はおよそ30分ほどになります。手術が完了したらすぐに帰宅することができるところもあります。時間もかからなくて、効果も高いという非常に優れた手術法だといえるのです。そのほか、脇の治療に効果的な手術が剪除法という手術です。剪除法とは、脇の汗腺を取り除く手術になります。脇に切れ込みを入れ、そこから汗腺を切除していくというものになります。とても高い効果を発揮する治療法で、ほぼ永続的に保つことができるというメリットがあります。時間は2時間ほどかかりますが、持続性が長いので再度手術を受けるという必要もないのです。