多汗症は様々な要因から発症する|ダラダラ溢れる汗を食い止める

外出先でもできる

脇に触れる女の人

多汗症は、常に顔や手の平などといったところに汗をかいてしまうという症状です。この症状が起きる原因はストレスなどといった精神的なものや、ホルモンのバランスが乱れてしまうことから引き起こすことが多いのです。先天的なものから後天的に発症する人まで様々なタイプの人がいます。いつ何時どのタイミングで発症するのかわからないのが、この疾患の特徴なのです。多汗症の症状を発症してしまった場合に、自分でも行える対処法がいくつかありますのでご紹介します。まずは、汗を抑える効果のあるツボを押してみることです。汗が出てくるのを抑える効果のあるツボは主に手に集中しています。合谷や陰郄と呼ばれるツボが有名なものとなっています。合谷は手の親指と人差し指の間にあるツボです。親指と人差し指の間の骨の部分を押すと多汗症に効果的であるといわれています。また陰郄というツボは手首のほうにあります。手を伏せたときの付け根の外側がこのツボになります。ツボを押す方法は自分でも手軽にできるので、ぜひ実践してみるといいでしょう。

そのほか症状を抑えるのに効果的な方法は、温度調節をしっかり行うことです。暑いときには体温を下げるように、冷たいタオルなどを首元に当てるなどといった対処をしていくといいでしょう。首を冷やすと体の体温を下げることができますので非常に効果的です。そのほか手首を冷やすことも汗を抑えるのに役立ちます。手首に水で濡らしたハンカチやペットボトルなどを当てると、火照った体を冷ましてくれる働きがあるのです。夏場などは特に気温が高いので汗をかきやすくなります。そういった場合にはこのような方法で、対処を行っていくといいでしょう。自分でも手軽にできるので、覚えておくと非常に便利です。外出先で汗が気になるといった場合にはぜひ試してみるといいでしょう。そのほか多汗症の症状には頭部に汗をかいてしまうということもあります。頭部に汗をかくと顔にまで流れてきてしまい、女性の場合はメイクが崩れてしまうといったこともあります。また、頭皮の臭いがも気になるようになってしまうでしょう。そういった頭部の症状を抑えるのに効果的な方法は、漢方薬です。漢方薬には様々な発汗を抑えてくれる作用のものがあります。また、自律神経を整えてくれる働きがあるものもあります。頭部の多汗症を発症してしまう大きな原因は、ストレスです。日ごろからストレスを溜めすぎている人は、頭部に汗をかきやすくなります。漢方薬を服用して根本的な原因から症状を改善していきましょう。